Index

更新順から探す[各韓国ドラマあらすじ・レビュー&作品詳細データ一覧]
韓国ドラマ放送年別一覧から探す     あらすじ・レビューすごブロ
リアルタイム無料視聴 する    新着&話題...    入隊&除隊な面々...
韓ドラ視聴率年表風...    ハングル通への道...(爆)    お知らせ...
ネタバレにご注意を。「視聴前にそれ知っちゃったら、つまんな~い」と私が思う内容だけにしかネタバレありと付け加えてません。どこからが果たしてネタバレなのか、もぅ、わからなくなっちゃったっというのが理由(笑)。
また、[動画無料視聴:OST・PV]の中には結末を知ってしまうネタバレも。ネタバレ大歓迎な方はどうぞぉ~。

アップ済み記事追加情報はコメント欄でお知らせ。右メニューRecent Commentsでチェックもできます。
サムネイルは更新やメンテナンス時、一時的に非表示になっちゃいま~す。

Sponsored link

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国ドラマ『復活』あらすじ・レビュー&作品詳細データ&動画

韓国ドラマ『復活』あらすじ・レビュー検索&作品詳細データ一覧、と、今回は、復讐ものが苦手な私が、無謀にもサスペンスドラマ『復活』の魅力を大解剖~。し・か・も、完全自己解釈バージョンでお届けですっ(笑)。長いので適当に飛ばしてね。
OST・PV・トレーラーの動画無料視聴は、作品詳細データ下になります。


では、はじまり、はじまり~。


*****































日々、犯罪捜査に力を注ぐハウン(オム・テウン扮)は、正義感が強く、人情味もある刑事。実は、彼の人生は、7歳からはじまっている。事故に遭い、それ以前の記憶がないからだ。育ての親であるおじさんの娘ウナ(ハン・ジミン扮)とは義兄妹であるけれど、いつしか、ふたりは、男と女として想い合うようになっていた…。

ハウンはある事件を捜査中、何者かにはめられ、容疑者として追われる身となってしまう。

(以下、第5話あたりまで、ハウンの心の叫び風に~ネタバレも含まれます)
 ・
 ・
 ・
 ・

「あの事件は自殺ではなく、他殺に違いない…。」

(グサッ)

→「!!!。班長ぉーーーーーーーー!」

→「えっ? 自分に容疑がっ?! はめられたんだっ。ウナ、心配するな。オレはやってない。」

逃走しながら、捜査を続けるハウン。

→「この写真はっ?! そんな…。」

徐々に、記憶が戻ってくる。

→「刑事だった父さんは、交通事故で死んだんじゃない…。」

ハウンの双子の弟、シンヒョク登場(オム・テウンが二役を演じる)。

→「シンヒョク、俺たち、会えたんだなっ! ニコニコ。」

→「!!!!! シンヒョク、シンヒョク、シンヒョク、しっかりしろっ! 目を開けてくれっ! 死ぬなぁ~~~~~!!!! うぉーーーーーーー!」

ハウンは双子の弟に成り代わって、復讐を誓う。復讐のやり方は、それはもぅ~スペシャルな方法で…。

 ・
 ・
 ・
 ・
人は愛するものを奪われたとき、どこへ導かれていくのか。




この後も、ドキドキ、バクバク、ハラハラ、ドッキンドキン、ヒャ~~~~~~が繰り返されちゃう。ハウンは、弟と父の死に関わった人たちに、ときには弟の元婚約者を利用し事件の真実を知らしめ追い詰めたり、人間という生き物の心の行動パターンを先読みして仲間割れを起こさせたり…。彼がふったサイコロの目の数にあわせて、人物は操られて動いていくかのよう…。そして、復讐をしながら、事件の黒幕を彼自身も探っていくのですぅ。ハウンを演じているオム・テウンの眼から恐~い光が発せられちゃってるし、アイテムづかいも、最高にスパイシー。

この間、義妹ウナとのドラマがからみあい、また、弟に成り代わったハウンを影で支える存在が登場したり(探偵と秘書がまた特にいいのですぅ~)、一方でまた一方でといった具合に、ストーリーが平行して展開。

人間のあらゆる感情&欲望が盛り込まれている『復活』というドラマは、マジックがたくさん。第5話あたりまでの間に、ハウンという人物像と彼が弟に成り代わり、復讐へ動きだしてしまう感情がわかるよう描かれている。そして、復讐劇にもかかわらず、ハウンが成し遂げていくさまを、(復讐ドラマが苦手な私なのに)応援してしまうという点。まるで、サクセスストーリーでも見ているかのような錯覚に陥ってしまうのです。ビックリ~。そして、スピード感があり、巧み&緻密なストーリーによって、ドキドキ感が加速。

韓国ドラマでよく登場する、出生の秘密、同居してたら好きになっちゃう、禁じられるべき?愛、見合い、政略結婚、それから何年後、××グループ企業&二世たち、恋のライバル、ありえない偶然の出会い、ニアミス、キス現場を目撃…などなども、てんこ盛り。ククククッ。

一途で純粋すぎる義妹ウナ。彼女とハウンのラブストーリーは、サスペンスの香りが薄れちゃうからもうちょっと抑えても…と感じる反面、だからこそ、ハウンの善と悪の葛藤が生きていくとも思ったり…。本当の親や家族を知らなかった彼にとって、自分のアイデンティティは、自分をとりまく周りでしか確認できない(と思ってる…笑)。善良な彼女の存在と、その彼女を愛する自分が存在することによって、自分自身がどんな人間なのかを確認できるのだ(っと思っている)。

もし、彼女の存在がなかったら、一途に自分を想ってくれる揺ぎない存在がなかったら、ドラマのタイトルでもある『復活』は生まれなかったに違いないのですぅ~。だからこそ、善と悪、正義、人間愛&絆、罪の裁きとは、円の法則とは…などが重大なテーマとして伝わってくる。

愛(自己愛含む)は、ときに善へと、ときに悪へと導く…。正義もまた…。そして、人が人を裁いて、また裁かれ、スパイラルゥ~なのですね。

*****

ははっ。勝手な解釈~。物語自体のことを監督が語っているインタビュー、探せなかったのですぅ。なので、勝手気ままに言っちゃえるチャ~ンスとばかりに、解剖してみました。違うよ~という場合、ぜひぜひツッコミよろしくお願いします。

ほかの方のレビューも旅してきましたよっ。圧倒的に、面白い派多し。また、復讐することで何が生み出されるのかについて、復活についてを考えたレビューなども。でもって、温度差を発見です。おもしろさが加速するかどうかは、視聴するペースによって違うような気が…。登場する人物が多いサスペンスだから、ちょっと集中力が必要かもですねぇ。間をあけると、立ち戻るのにエネルギーが…。まずは、韓国で放送していたペース、1週2話以上で視聴してみて、あとは気持ちの赴くままっていうのでどうでしょう(笑)。人物の相関をおさえておくのもポイントですよね、ですよねぇ~。

おっと、撮影秘話がありました。まず、オム・テウンは初日の撮影で体重3kg減、中盤で7kgまで減っちゃったのですって。頑張ったのですねぇ~。ラストシーンについても。オム・テウンのあの顔の表情は、監督から「すべてのものを超越した表情で…」と注文されたそう。はははっ。そんなことを言われましても…(爆)。18回NG。でもって、ほんとは鳥がいい具合にアングルに入ってくれなかったからなんだけれど、その事実をオム・テウンはあとから知っちゃったから、まぁ、大変。また、このドラマでオム・テウンは2005年KBS演技大賞最優秀賞に輝いちゃったのでありました。

あともうひとつ。視聴率は裏『私の名前はキム・サムスン』終了後、なんと倍に伸びちゃったそう。掲示板の書き込みもすご~いことになっちゃって、『復活』パニックに。まぁ~~、すてきなパニック。

そしてそして、この後、『復活』スタッフは、『魔王』で再び復活で~~~~~すっ。



KBS2005韓国ドラマ『復活』


★『復活』各話のあらすじ・レビューあり
「韓国ドラマ日記」
「地上波のつぶやき」
「韓漬け」

☆『復活』全話を1つにまとめたあらすじ・レビューあり
(イントロのみも含まれます)

「韓国ドラマ・韓国映画に斬られる」
「その如月の望月のころ」



◆『復活』
韓国語タイトル:부활
(Boo-hwal / プファル)
英語タイトル:Resurrection / Revenge / Rebirth or Life Again
中国語タイトル:
出演:
オム・テウン…ソ・ハウン役 / ユ・シンヒョク役(2役)
ハン・ジミン…ソ・ウナ役
ソ・イヒョン…イ・ガンジュ役
コ・ジュウォン…チョン・ジヌ役
ジャンル:Suspense & Drama & Romance
全話数:全24話
第1話「あいつが生きている」
第2話「もうひとりの自分」
第3話「ウナの天使、ハウン」
第4話「これ以上、容赦はしない」
第5話「再会した兄弟」
第6話「また復活する」
第7話「事実を言えない」
第8話「胸の中にハウンを問う!」
第9話「真実を探す愛」
第10話「信じることができなくて」
第11話「これからはじまるだけ」
第12話「一つずつゆっくり」
第13話「ソ・ハウンは死んだ」
第14話「復讐は苦痛だ」
第15話「戻るにはあまりに遅い」
第16話「ユ・ゴナをおぼえていますか?」
第17話「手に負えない苦痛」
第18話「現れる実体」
第19話「徐々に終わりに近づく」
第20話「自分は何をしようとしているのか」
第21話「真実を探す自信はあるか」
第22話「もう一度ソ・ハウンの姿で」
第23話「時間をもどすことができたら…」
第24話(最終回)「長い道」
(↑VODページのサブタイトルはこんな感じ)
放送局:KBS2  公式サイト
放送期間:2005.06.01~2005.08.18
放送曜日&時間:水・木 21:55~
最高視聴率:22.9%  平均視聴率:11.9%  最終回視聴率:22.9%
動画無料視聴:OST・PV・トレーラー チュ(おまけ)風強~い




Comment

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

Sponsored link


Tags

すごブロ著者が選んだ、お気に入り&おすすめ韓国ドラマと映画TOP3、俳優3名をタグ設定に。ということはっ、人気作品、俳優が一目瞭然。しかも、あらすじやレビューも同時に探せちゃう。さらに、ジャンルからもっ。そんなステキなことがあっていいの? いいのですぅ~(笑)。文字の大小は4段階。今後の展開が楽しみでなりませ~ん♪

OST・PV・トレーラー(予告)は、韓国ドラマと映画の無料視聴ができる動画リンクがあるものです。動画は数十分と長いもの(なんと、韓国放送局や製作会社が配信してくれてます。うれしいぃ)から、数分の短いものまでいろいろ。無料動画共有サイトと言えばYouTube(ユーチューブ)だけれど、ここではあえてYouTube以外で(笑)。ひとまず韓国放送局やDaum系が配信している動画メインで楽しんでみようかなぁ~と。YouTubeやそのほかの動画共有サイトで検索しても楽しいのですけどね。なんといいますかぁ~、いろいろと視野を広げるといいますかぁ、そんな感じです。あはははっ。

韓流ブログへ遊びに行っちゃおう

紹介ブログと、韓流ブログに出会えるブログランキングを表示。10日間分ログの累計順、各検索エンジンからのアクセスは除いてあります。

[紹介させていただきました、あらすじ・レビューブログ著者様へ]
紹介ブログの表示は、すごブロ様からのアクセス数順です。上の「このRankingに参加する」にあります私のブログURLを、ご自身のブログにリンクくださると、アクセスがあった場合に表示されます。サイドメニューでも、記事ページでも、どこに貼ってもカウントされるよう設定してありますぅ~。特に申請してくださらなくても、リンクだけで大丈夫です。なぜなら、紹介記事アップ後に表示されるすばらしいつくりになっているからです(笑…私が手動で切り替えてます。なんともアナログ)。よかったら、ご利用ください。
ご自身のブログから→私のブログに遊びに来てくださった場合(アクセスがあると)→ランキングに表示され→ブログ紹介記事へ直ジャンプ、という形です。

Search

Recent Entries+Comments

About Site...


おかげさまで、韓国ドラマ(&映画)あらすじ・レビューブログ紹介、スタートすることができましたぁ。出来たてです。(仕事時間けずり)がんばります…笑。
私、sushiwasabiが偶然にも(本当は運命)遊びに行き、「こ、こっ、これはっ、すごいっ!」っと心を射抜かれてしまった、韓国ドラマ・韓国映画のあらすじ・レビューを綴る、極上ブログを紹介! 作品データには、OST・PV・トレーラーが無料視聴できる動画リンクつき。でも、わかるものだけ…あははっ、弱っちい~。
そんなすごいっブログをただ普通に紹介しちゃっては、もったいない。なので、楽しんでもらえるような仕掛けをつくっちゃいました。
著者が選ぶ韓流人気作品から、放送年別から、全話・ネタバレありな各話から、などなど、いろんなフィールドからあらすじ・レビューを検索。なんて画期的~! 日本初に違いない。
さらにブログ紹介は、インタビュー形式でお届け。あらすじ・レビュー作品はもちろんのこと、自己紹介、お気に入り&おすすめ韓国ドラマ・映画、視聴方法などなど…、著者の方から直接教えていただきましたぁ。

韓国映画公開年別一覧については、おいおい。

Read me first


OST・PV・トレーラー等の無料視聴できる動画は、リンク形式でご紹介しています。アップロードしたものではありません。念のためネ。また、再生する前にはPCのボリュームにもご注意くださいませ。MAXのまま動画を再生して、ビックリっという場合もあるかもしれないので。

各作品データの放送(公開)開始年月日、放送時間、曜日などは、日本と記してないものは、基本的に韓国での内容です。

作品タイトルは二重カギカッコ 『 』で統一しています。ここでは韓国ドラマほか、韓国映画も登場するので、作品タイトル前後に韓国ドラマまたは韓国映画なのかを加えて、その違いがわかるように気をつけていますが、記事文面などから判断できると予想されるものについては、省略させてくださいませ。

About Me...

sushiwasabi

Author:sushiwasabi
ふだんは、雑誌のデザインをメインに活動してます。自称OSTフリーク。あらすじ・レビュー著者様同様、私の自己紹介もまとめなくちゃ…と思いつつも、時間ばかりが過ぎていく今日このごろ。いつか必ず…。

2007.12~

Contact

名前:
メール:
件名:
本文:




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。